協 会 事 業
事業内容
委員会事業
委員会報告
  -総務
  -政策
  -技術
  -公益
  -会員増強・青年部会
暴力対策協議会
青年部会
 
   委員会事業
  
平成29年度 事業計画
 
【1】電気設備の適切施工ならびに事故防止策の調査、点検奉仕活動、電気技術者の技術力向上等の機会提供等の実施を通じて、信頼性の高い電気設備の普及を図り、安心・安全なまちづくりの推進に寄与する事業

当協会では、電気設備工事の技術向上・経営力強化・技術者の育成等に関する調査研究や講演会実施、安全点検や災害時における緊急復旧協力・行政機関や関係団体との連携等の事業を通じて、業界の健全な発展、地域社会の発展に寄与し、安心・安全なまちづくりの実現を目指します。
1 広報事業
[総務委員会]

行政機関からの通達情報の周知、協会実施事業の報告や講習会等への参加者募集等、電気設備工事業者や電気技術者の技能向上に有益な情報発信を行います。
講習会の開催情報は、当協会ホームページ等での情報公開により、参加を希望するすべての電気技術者に対して、事業への参加機会を提供します。


 ・協会広報誌の発行    
 ・協会ホームページの運営   
 ・関係機関・団体への広報活動

2 行政機関及び関係機関との意見交換会
[政策委員会]

電気設備工事の適正施工の確保、品質向上を目的として、行政機関及び建設関係団体との意見交換、府内自治体への定期訪問を行います。行政機関との意見交換の際には「電気設備工事の分離発注」「地元中小企業の受注機会の確保」等の要望を行い、これらの訪問活動を通じて得られた情報を、ホームページ等で公表します。


 ・京都府との意見交換会 
 ・京都市との意見交換会  
 ・府内市町村への訪問会 
 ・建設関係団体との意見交換会

3 行政機関等からの通達情報提供サービス
[政策委員会]

電気設備工事の適正施工の確保、品質向上を目的として、行政機関、関係団体からの通達、新技術情報等の有益な情報を発信します。

4 経営講習会
[政策委員会]

主に電気設備工事業者を対象に、電気設備工事の適正施工の確保、経営支援に効果のある講習会を開催し、経営力の強化を図る機会を提供します。

 ・設備三協会合同セミナー
 ・官公庁の発注制度に対応した講習
 ・経営力強化を図る勉強会 等

5 暴力対策協議会
[政策委員会]

京都府警察本部、(公財)京都府暴力追放運動推進センターとの連携により、電気設備工事業者に対する不当要求行為の排除に向けた講習会等の活動を実施します。

6 国家資格の取得希望者を支援する講習会
[技術委員会]

建設業法の規定による「電気工事施工管理技士」の資格取得を目指す電気技術者に対する講習を実施し、高度な施工技術者の養成を行います。

 ・1級(学科・実地)電気工事施工管理検定 試験対策講習
 ・2級(学科・実地)電気工事施工管理検定 試験対策講習

7 重要文化財等建造物の電気設備安全点検
[公益委員会]

大切な文化財を電気設備に起因する災害から保護するため、協会員から派遣された電気技術者が対象施設の電気設備を無償で点検し、電気設備の安全使用を啓発します。

8 防災協定の締結に基づく訓練・防災啓発、災害時の応援体制の整備
[公益委員会]

京都府民の安心・安全を確保するため、京都府(平成20年8月6日締結)、京都市(平成21年4月27日締結)との防災協定に基づき、災害時における応援活動を効果的に行うための訓練、府民への啓発活動等を実施します。

 ・「京都府総合防災訓練」等における防災啓発の実施
 ・「京都府災害時等応援協定ネットワーク会議」活動への参加
 ・近畿地方各府県の電業協会との情報交換、相互応援体制の整備
 ・協会員相互の連絡体制の整備、定期的な訓練の実施

9 建設現場安全パトロール
[公益委員会]

電気設備工事における法令順守、適切な施工ならびに労働災害防止など、電気技術者に必要な知識を調査し、より安全な電気設備の施工技術の普及を図るため、府内の公共工事現場での取組状況を調査し、結果報告を協会ホームページ等で公表します。

10 募金活動の実施
[青年部会会員増強・青年部会委員会]

日本赤十字社の人道的支援活動に賛同するため、「新年賀詞交歓会」会場において募金活動を実施します。

11 清掃奉仕(クリーン活動)の機会を活用した啓発活動
[青年部会会員増強・青年部会委員会]

河川敷・公園等の公共の場での清掃奉仕活動を実施し、周辺環境の美化の啓発を行います。

【2】 協会員ならびに電気技術者等に対する各種支援事業等

当協会では、見学会や講習会の開催、技能検定願書等の受託販売、賀詞交歓会等の開催を通じて、意欲ある電気技術者の継続学習に対する支援並びに電気設備工事業者等の交流を促進し、より魅力的な協会運営に努めてまいります。
1
通常総会および同日に開催する懇親会 [総務委員会]

2
新年賀詞交歓会ならびに協会員を対象とする表彰事業 [総務委員会]

3
同好会への助成 [総務委員会]

4 願書・書籍の受託販売
[総務委員会]

・電気工事施工管理技術検定 願書の受託販売
・建築設備士技術検定 願書の受託販売
・関係団体が発刊する書籍の受託販売

5 協会員との意見交換会
[政策委員会]

協会運営等に関する協会員との意見交換の機会を設けるとともに、協会員同志の交流の場として活用します。

6 見学会・電設工業展
[技術委員会]

環境保護に資する新技術や工事資材の開発に取組む企業、団体及び工事現場等の見学会を実施し、参加者の知識習得、技術力向上の機会を提供します。

7 電気技術者の技術力向上セミナー
[技術委員会]

新人教育や電気技術者の技術力向上に有益なセミナー(講習会)を開催し、中小電気工事業者の技術者育成を支援します。
今年度も、講習の一部を府北部地域で開催するとともに、電気技術者の継続教育(CPD)にも活用できるよう、建築士会CPD制度の単位認定制度を利用するなど、講習内容の充実を図ります。

 (講習分野・科目の例)
 ・電気設備工事に関連する法令遵守に関する講習
 ・現場代理人に必要な現場管理知識に関する講習
 ・環境保護、環境負荷低減に配慮した新技術の
  習得・普及に関する講習
 ・新人技術者に対する技術講習
 ・職場におけるコミュニケーションの重要性に関する講習
 ・その他、電気技術者の能力向上に必要かつ有益な講習

8
青年幹部への研修、育成 [青年部会会員増強・青年部会委員会]

9
その他、電気技術者の能力向上に必要かつ有益な講習

【3】その他、本会の目的達成に必要な事業等
1
会員増強方策に関する活動
[青年部会会員増強・青年部会委員会]

協会の事業等を広く周知し、通常会員及び賛助会員の新入会拡大を図ります。

2 財務改善の取組み
当協会では、赤字決算からの早期脱却を目指し、これまでに収益確保策並びに経費削減を実施してきましたが、今年度も、協会員のメリット創造に有益な事業の企画、適正な協会運営経費の算定、運営資金の調達方法等、協会運営の在り方全般について慎重に検討を続けてまいります。

3 協会事務局移転の検討
現在入居している「京都府中小企業会館」が、平成31年春に「京都経済センター(仮称)」に移転するため、当協会も同センターへの入居を目指すとともに、他の物件についても検討を行い、移転に向けた準備を進めます。
上記の各事業を円滑に実施するため、毎月開催の理事会において事業計画及び各委員会の事業内容の協議並びに事業報告の審議等を行います。
 
   
(平成29年6月2日)