CPD(建設技術者の継続教育)制度について 
CPD制度とは
CPD制度とは、専門技術を必要とする技術者の能力維持・資質向上のために行われる「継続した教育活動」を支援する制度で、行政・自治体等でも入札時の加点対象とするなど、積極的に推進されています。
CPD学習履歴の入札時の取扱については、複数の認定機関の証明書の合算を発注者が認めていないため、当協会においては、(一社)京都府建築士会の協力を得て、日本建築士会連合会「建築士会CPD」を利用しています。

CPD制度の対象者
CPD制度は、技術者個人単位での登録・管理となります。
電気工事業において評価対象となりうる国家資格には下記の資格があります。

 ・1級、2級 電気工事施工管理技士
 ・第一種、第二種 電気工事士

CPDカードを取得するには
当協会では、協会員のCPD制度への登録申込をお手伝いしています。
登録すると、日本建築士会連合会から各個人にCPD番号が付与され、CPDに対応した講習会を受講いただくと講習時間に応じて設定された単位が与えられ、学習履歴として活用することが出来ます。

講習はどこで受けられるのか   
当協会で、電気技術者に特化した技術講習会を実施しています。
当協会の技術講習会は、建築士会CPD制度に対応しています。

この機会にCPD制度への登録をご検討いただき、皆様の業務にご活用下さい。
 ・関連リンク
   → 技術講習会(CPD対応)のご案内
   → CPD制度への登録申込 書類ダウンロード(協会員限定) 
  ・事業紹介ページへ戻る